社会福祉のために 月星会


 月星会(千葉市花見川区、会長=木下英之・花道代表取締役)は24日、県内の社会福祉のためにと現金20万円を千葉日報福祉事業団へ寄託した=写真。

 同会は地元経営者らが集う交流会。今回の寄託は、例会会場で行っている「ふくろう募金」から寄せられた。同事業団を訪れた木下会長は「毎月の例会で会員の皆さんがコツコツとためてきました。地元のためにご活用いただきたい」と浄財を託した。