千葉日報福祉事業団では、次のような寄付を受け付けております。
 
①社会福祉のために
②交通遺児・青少年のために
③目の不自由なかたのために
④耳の不自由なかたのために
 
*支援先と主な内容*
①社会福祉のために
県内の障がい者団体、ボランティア団体などから「費用援助申請書」を提出していただき、審査の上、援助金をお渡ししています。
 
リンク 平成29年度支援事業一覧
 
②交通遺児・青少年のために
 交通遺児・青少年のためにとお預かりした寄付金1年分は、毎年3月末に社会福祉法人千葉県社会福祉協議会「交通遺児援護基金」へ委託するほか、青少年の育成のための活動支援として活用させていただきます。
 千葉県社会福祉協議会「交通遺児援護基金」は、見舞金・勉学奨励金・激励金・図書券・活動育成費(交通遺児世帯を会員とする団体へ)として支給されます。
③目の不自由な方のために
 目の不自由な方のためにとお預かりした寄付金1年分は、毎年3月末に社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会と千葉市視覚障害者協会へ一括委託しております。
 寄付金の使途
 情報が希薄になりがちなため主に広報活動へ活用されます。
各種研修会・機関紙の発行、点字版や拡大版資料の作成・音訳テープの作成など
④耳の不自由な方のために
 耳の不自由な方へとお預かりした寄付金1年分は、毎年3月末に社会福祉法人千葉県聴覚障害者協会と千葉市聴覚障害者協会へ一括委託しております。
 寄付金の使途 
就労支援のためなど
 
*寄付の受付*
①来社(できれば事前に予約をお願いします)
 寄付金と寄付を集めた理由・経緯などを書いたものをお持ちください
②現金書留
 寄付金と寄付を集めた理由・経緯などを書いた用紙を現金書留で送ってください
 (後日、領収書を郵送いたします)
 
※匿名希望・記事掲載不要の場合は、遠慮なくお申し出ください