社会福祉のために 千葉県信用金庫協会


萩原博理事長に浄財を託す小森会長(左)

 千葉県信用金庫協会(会長・小森哲佐原信用金庫理事長)は12日、千葉県内の社会福祉のためにと現金30万3千円を千葉日報福祉事業団へ寄託した。浄財は県内の千葉、銚子、東京ベイ、館山、佐原の5信用金庫、東京東信用金庫、関係2団体の役職員による「SHINKIN愛の募金活動」から贈られた。

 信用金庫では地域の繁栄への貢献を掲げ、さまざまな社会活動を実施している。6月15日の「信用金庫の日」に合わせ、1997年度より、役職員で献血と「SHINKIN愛の募金活動」を展開している。