県内の社会福祉向上に あいおいニッセイ同和損害保険の異業種交流会「千葉AD倶楽部」


安井代表、萩原理事長、鳥羽執行役員(左から)

 あいおいニッセイ同和損害保険の異業種交流会「千葉AD倶楽部」は18日、千葉県内の社会福祉向上に役立ててほしいと現金13万610円を千葉日報福祉事業団へ寄託した。

 鳥羽俊夫同損保執行役員千葉地域担当と代理店組織ADプロ会千葉ブロックの安井勇夫代表が同事業団を訪れ、寄付金を萩原博理事長に手渡した。

 浄財は、同倶楽部が4日に行った「第11回 千葉AD倶楽部チャリティーゴルフコンペ」の参加者145人から寄せられた。