2019(令和元)年度事業計画書

(2019年4月1日から2020年3月31日まで)

公益財団法人 千葉日報福祉事業団
理事長  萩原 博

 公益財団法人千葉日報福祉事業団は、県民福祉の向上に寄与することを目的とし、皆さまからお預かりした寄付金を基に福祉団体などからの援助申請を厳格に審査し、活動費用を助成する取り組みを展開している。加えて交通遺児、聴覚、視覚障害者の5団体に指定寄付もしている。寄付の内容、援助内容は県紙千葉日報の紙面やホームページで紹介し、県民の皆さまに活動を理解してもらっている。

 2019年度は、本年度に打ち出した新規の取り組み、青少年支援、千葉日報子どもの育ち応援基金の2件を継続し、周知、浸透を図ることにも力を置く。青少年支援は、交通遺児向けとしていた援助先の枠組みを青少年にも広げた取り組みで、今後のスムーズな助成に向け、原資の確保に努めたい。一方、千葉日報子どもの育ち応援基金は助成先が決まる成果があった。引き続き実施し、子どもの健全な成長につながる活動を後押しする。

2019年度の活動支援見通し

 当事業団では、寄付者に福祉、交通遺児・青少年、視覚障害者、聴覚障害者のいずれかの分野を選んでもらい、それらの団体の活動を支援している。しかし、寄付金の減少傾向により厳しい運営を強いられている。このため、2019年度の活動支援は、交通遺児・青少年向けは250万円、福祉施設・障害者団体向けは155万円と、それぞれ厳しく見込まざるをえない状況となっている。これとは別に、千葉日報子どもの育ち応援基金は2020年度事業に対する助成として300万円を見込んでいる。