社会福祉のために 千葉県警備業協会


浄財を持参した横倉会長(右)と加藤智行副会長

 千葉県警備業協会(千葉市中央区、横倉健会長)は、県内の社会福祉のためにと現金16万円を千葉日報福祉事業団へ寄託した。同協会は県内の警備会社280社が加盟している。浄財は、7月20日に加盟社で開催したチャリティーゴルフコンペの参加者約80人から寄せられた。