交通遺児のために 千葉県酒類業懇話会


 千葉県酒類業懇話会(千葉市中央区、飯沼喜規会長)は、交通遺児のためにと現金7万円を千葉日報福祉事業団へ寄託した=写真。昨年10月、酒類の正しい飲み方の啓発や日本産酒類の海外発信などを目的として、街頭キャンペーンや交通遺児チャリティー「とりどりの美酒を楽しむ会IN千葉」を開催。その時の入場料の一部を寄託した。