千葉県社福協へ410万円 千葉日報福祉事業団


白戸章雄・県社会福祉協議会会長(左)に目録を手渡す赤田靖英・千葉日報福祉事業団理事長

 公益財団法人千葉日報福祉事業団(赤田靖英理事長)は25日、千葉県社会福祉協議会など県内4団体に総額500万円を贈呈した。

 赤田理事長は「県民からお預かりした浄財です」と4団体を代表して白戸章雄・県社福協会長に目録を手渡した。白戸会長は「交通遺児のために大切に使わせていただきます」とお礼を述べた。

 浄財は本年度、同事業団へ持ち寄られた寄付金の一部。

 4団体と寄付金額は次の通り。県社会福祉協議会(410万円)、県視覚障害者福祉協会(30万円)、県聴覚障害者協会(30万円)、千葉市聴覚障害者協会(30万円)。